三島市で高齢になって住める注文住宅をつくる方法

三島市で注文住宅を建てる場合は、高齢になってからのことまで考えない方がほとんどです。



高齢になったら、高齢者を対象にした施設に入れば問題は解決するとほとんどの方が考えています。

しかし、日本の少子高齢化の進み方は早く、施設に高齢者を収容するのは無理な状況になってきています。


政府も高齢者の在宅による介護を進めており、高齢になってからも住める自宅が必要となります。


三島市で注文住宅を建てる場合は、高齢になってからも住めるつくりにしておく必要があります。

高齢者は2階に住むことはできなくなります。

1階にメインの寝室を配置し、高齢になってからも使えるようにつくっておく必要があります。


2階は子ども部屋やクロゼットなどを設置し、ほとんどの生活が1階で可能なプランが望まれます。



寝室の近くにはトイレや浴室を配置し、高齢になってからも使い易い間取りとします。

キッチンは必ずしも寝室の近くである必要はなく、リビングも寝室と離して問題はありません。
手すりは多めに設置しておく必要があります。
階段やトイレはもちろんのこと、玄関や廊下にも必要です。
床の段差は最小限にし、高齢になってもつまずかない配慮が必要です。



三島市で注文住宅を建てる場合は、2世帯住宅も考慮すべきです。介護が必要となった高齢者と、家族が同居できるよう、間取りを考えておく必要があります。住宅に対する要請は時代と共に変化します。これからの住宅は、高齢者と共に暮らせる余裕が必要です。